Windows用キーボードをmacで使う方法【神アプリ】

Tips

仕事柄、PCはほぼMacでキーボードもずっと純正を使ってきましたが、昨年、キーボード上にコーヒーをぶちまけて壊してしまってからはWindows用のキーボードに切り替えました。

Windows用キーボードの良い点は、

  • 安い
  • 選択肢が多い

ですが、Windows用のキーボードをMacで使用した際にネックとなるのは、

  • カッコ悪い
  • 半角全角キーなどの日本語入力関連のキーが効かない
  • 左下一帯のキー配列が使えない

で、Illustrator使いにとっては3番目が特に問題となります。

キー配列をカスタマイズできる神アプリKarabiner-Elements

Karabiner-Elements
A powerful and stable keyboard customizer for macOS.

このアプリをはじめてインストールした時、簡単かつとても便利で「もっと早く知っておくべきだった!」と激しく後悔したほどでした。

Karabiner-Elementsのインストール方法

公式サイトからdmgファイルをダウンロード。

ダウンロードしたファイルをダブルクリック。

pkgファイルをダブルクリックするとインストーラーが起動するので手順に沿って進めます。

Karabiner-Elementsの設定方法

アプリケーションフォルダにインストールされたアプリを起動すると最初に設定画面が開きます。

Target Deviceを開き、接続済みのデバイスを選びます。

※上画像は既に設定済みの画面です。

設定方法は、

  • Add itemを押して空の要素を追加
  • From keyは現在接続しているキーボードのキーを選択
  • To key は変換したいキーを選択

たったのこれだけです。

アプリは常駐してくれるので、再起動等してもキー変換はされたままです。

おまけ

このアプリを使用することで、ほぼ完全にApple Keyboadのキー配列を再現できると思いますが、個人的には左下のキー周りとかなキーの変更で十分なので、参考までに僕のキー割り当てを紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました