【Illustrator イラストレーターCCの使い方】デジタル文字素材を3分で作成する方法:無料ベクターデータ付

Tips

Adobe Illustratorを使用して簡単にデジタル風のイラストを作るtipsです。

デジタル風のフォントを持っていない場合でも、ちょっとした見出しやアクセントなどに使えます。

慣れれば「8」を作るだけなら3分もかからないと思います。

ai(cc2019)互換のpdfデータも添付しますので、もしも欲しいという方がいらっしゃいましたらご自由にダウンロードしてください。

step1. 「日」の字を描く

短辺と長辺の比率は1:2が作りやすいので、まずは長方形ツールで線の太さ10mm、横40mm×縦80mmの四角形を描きます。

次に四角形の中心にペンツールで50mm(四角形の線幅をプラスした長さ)の横線を引きます。

全体を選択して「オブジェクト」-「パス」-「パスのアウトライン」を適用します。

step2. 切断ラインを描く

次にペンツールで切断ラインを描きます。線色は白(何色でも可)、太さは5mm、線端を突出線端にしてベース長方形の外側にラインが出るようにします。

外側四角形左上の点から、中心の横棒の右下点にラインを引きます。※「表示」-「ポイントにスナップ」にチェックを入れているとやりやすいです。

ラインをコピーして反転し、クロスさせます。

上部のクロスラインをコピーし、下部にペーストします。

全てのクロスラインを選択して、「オブジェクト」-「パス」-「パスのアウトライン」を適用します。

step3. パスファインダーの合体・分割で必要な部分を切り取り、整形

アウトライン化したクロスラインを、パスファインダーで「合体」します。

同じくベースの四角形も「合体」します。

全て選択し、パスファインダーで「分割」します。

必要な部分以外は削除します。

全体を選択して「オブジェクト」-「変形」-「シアー」を10%適用します。

あとはサイズ調整やグループ化したりして使用します。

おまけ

それでも作るのが面倒!という方には、説明用に作ったファイルを添付いたしますので、ご自由にダウンロードしてご使用ください。もちろん使用も改変も自由です。

ファイルはillustrator cc 2019で編集可能なpdfファイルとなっています。

また、実際に作業している雰囲気をYouTubeにアップしたので、よろしければこちらも御覧ください。

Illustrator CC デジタル風数字の作り方【3分間レシピ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました